お問い合わせはお電話 ☎0748-42-9788 もしくはメニュー(塾と学童保育のメニュー)の無料体験・資料請求のお申し込みから。

滋賀県立高等学校入学者選抜制度変更(2023年春入学の中1生から変わります。)

滋賀県立高等学校入学者選抜制度変更

2023年春入学の現中1生から、入試制度が大きく変わります。
(現中2生も、その様子見として、入試問題の傾向が変わる可能性があります。)

昨年2023年末に滋賀県入試制度改正がありました。

これまでは、県立高校入試は、2回ありました。
1回目は、2月上旬に
推薦選抜(作文・面接・実技で学力検査なし)
特色選抜(総合問題・小論文)
2回目は3月上旬に
一般選抜(いわゆる普通の入試)
それらが2月末日に1本化されます。
これまでの推薦選抜・特色選抜はまとめて学校独自型選抜となります。

試験日が2日間とあるので、順番は分かりませんが、

イメージとして、2月末に
1日目一般選抜(全員受験)
2日目学校独自検査(希望者のみ)
(学校長の推薦。もしくは自己推薦)
(高校により片方か両方か異なります。)
3月上旬にまとめて合格発表。

注意点として、2点あります。
①従来まで推薦・特色を受験し、その合否を見てから、一般選抜で高校を選べてたのができなくなります。
➁これまで推薦選抜受験者には学力試験がありませんでしたが、県立高校受験者全員に学力検査が課されるため、これまでの推薦選抜での合否が、入試の得点+作文や面接、実技などの合計点で判定されます。
(配点にもよりますが、スポーツだけできても、学力が高校に見合ってないと合格が厳しくなる。)

そのため東近江市能登川の塾、奨学塾優は、下記の対策を考えております。

①従来通り基礎を徹底し、学力を上げ、入試で点数を採れる力を身につけること
➁すべての高校で実施することから、チャンスととらえ、受験が2回出来ると考えること。

以下は推測です。
進学校は、受験者も多くなるため小論文が中心となる。
もしくは国公立大学(例 京都大学)などでの特色選抜のように、プレゼンテーション+面接(口頭試問)
進学校でない高校は、従来通り、作文+面接や実技

2027年2月末の受検に対して、細かい公表は下記の通りです。

高校ごとの実施概要がが2024年夏~秋頃に公表、入試要項公表が2025年6月に公表。

□そのため部活や課外活動、趣味、英検、漢検、数検など、何か特化したものを身につけておくと安心。

2024年今春から、小論文や作文を書けるように、元となる国語力育成、幅広い知識を身につけるため読書から始めます。そのため、速読を習得し、並行して、国語+作文・小論文講座を開講しようと思います。

(詳しくは今月末から来月初旬にかけての奨学塾優塾生への新年度のご案内でお知らせします。)

詳しくは、滋賀県教育委員会のwebsite、滋賀県公立高等学校入学者選抜制度大綱についてをご覧ください。

新受験制度のイメージは、滋賀県教育委員会のwebsiteのこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!