無料体験やお問い合わせはこちらまで! TEL 0748 - 42 - 9788 スマホからは一番下の電話ボタンで!

Website ついでにあれこれ更新と修正

WPのwebsite Theme変更とphp7.1モジュール版修正などなど

レンタルサーバーlolipopでプランを変更したついでにWP5.2に更新。

そのためのpluginの見直しと削除とDBのリフレッシュ。

phpをずっと触れていなかったので5.3から7.1(CGI)へバージョン更新。

案の定、大量に出てきた不具合の修正など。

(まだありますが、ある程度google speedの評価も上がったので、一旦保留。)

Themeを変更し、何とかそこそこカスタマイズ終了。

imageがまだ残っているが、これもいったん保留。

一旦、保留と決めないと、多分、3,40時間でもずっとしてしまっていると思われる…。

で、DB 5.1 → 5.6 に移行。

大きな不具合は、今のところないはず。

これで、完了で、あとは細々したのをぼちぼち修正しようと思っていたんですが、

このままサーバー移転しようかなぁと悩んでいるところ。

ここ最近、体調が悪かったのもあってか

送迎、通常授業、対策授業とwebsiteリニューアルしかしていない気がする。

うーん、昨夜も23:30前に意識が飛んで、

起きたら1:30。そのまま寝ずに次の日の3:07…。

流石に眠い気もするんですが、すること多くて、考えること多すぎて眠れないかも。

 

今後のためにも備忘録として。

flywheelへは、「Demon Image Annotations」で固定ページ・投稿記事をエクスポート・インポート(画像付き)するとかなり便利!

flywheelは、WP、php、DBのバージョンなどを自由に変更できるので、

いろんな環境で実験できるところがかなりいい!

DBのエクスポートは、サーバーからきちんとDBを選択(暗転)して、

詳細

DROP TABLE / VIEW PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドを追加する

にチェックを忘れないこと。

インポート時も、DBの選択を忘れずに気を付けてからインポート。

DB変更後は、wp-config

DBのMYSQL設定で

DB_NAME

DB_USER

DB_PASSWORD

DB_HOST

を忘れず変更。

同じ階層で

Search-Replace-DB-master

で一斉置換。

その際、独自ドメイン、サブドメインも忘れずに!

ふぅ。5月のGWから直し始めてやっとこさ。

詳しい人や器用な人はきっとさくさく出来るんだろうなぁ!

3,4時間するより、

8時間以上まとまってした方が、吸収効率がいいですね!

 

高校数学や物理も、

自分で予習していた時は、

公式辞典や駿台の物理入門(←入門なのに微積がある。)

を読んで、なんとなく理解して、

問題演習をして、少しずつ掴んでから、

公式辞典や物理入門に戻ると

理解が大幅にアップしていたことを思い出しました。

なんでもするときは、時間に制約がなければ

最低8時間、できれば14時間以上あれば

その日のことは定着しそうです。

中途半端な短い時間だけしても、

なかなか次に繋がらないんのが辛い…。

ある一定レベルまで理解できれば、そこからはかなり効率が上がるんですけどね。

追記2019年6月30日

この時間なので、スコアはいい方です。

混雑しているときは、10点ぐらい下がってしまいます。

 

 

モバイル70、PC90から少しずつ改善。

レンダリングを妨げるリソースの除外
0.25 s
ページの初回ペイントをリソースが阻害しています。クリティカルな JS や CSS はインラインで配信し、それ以外の JS やスタイルはすべて遅らせることをご検討ください。詳細
WordPress重要なアセットをインラインで読み込むまたは 重要度が低いリソースの読み込みを遅らせるために役立つ、さまざまな WordPress プラグインがあります。ただし、これらのプラグインの最適化処理によって、テーマやプラグインの機能が阻害されることがあります。その場合は、コードを変更する必要があります。
URL
サイズ(KB)
減らせるデータ量(KB)
…1.12.4/jquery.min.js(ajax.googleapis.com)
34 KB
270 ms

は、いくつかのサイトを見たのですが、私の力じゃ限界。一旦諦めます。

 
使用していない CSS を削除してください
0.16 s
スタイルシートから古いルールを削除し、スクロールせずに見える範囲のコンテンツに使用されていない CSS の読み込みを遅延させると、データ通信料を減らすことができます。詳細
WordPressページで使用されていない CSS を読み込む WordPress プラグインの数を減らすか、他のプラグインに切り替えることをご検討ください。不要な CSS を読み込んでいるプラグインを特定するには、Chrome DevTools で コードの Coverageを確認します。スタイルシートの URL から、それを使用しているテーマやプラグインを特定できます。多くのスタイルシートを使用しているプラグイン(コードの Coverage で赤色の部分が多いもの)をリストで探します。プラグインによってキューに追加されるスタイルシートは、実際にページで使用されるもののみにする必要があります。
何とかなってきたもののまだまだな感じ。
 
次世代フォーマットでの画像の配信
0.16 s
JPEG 2000、JPEG XR、WebP などの画像フォーマットは、PNG や JPEG より圧縮性能が高く、ダウンロード時間やデータ使用量を抑えることができます。詳細
WordPress
アップロードした画像を最適なフォーマットに自動変換する プラグインまたはサービスの使用をご検討ください。
は、少しづつ修正。容量がサイズの影響か微妙に違う…。圧縮し、かなり良くなってきたものの、もっと良い方法があるはず。また、どこのサイトを参考にしたのかなど、UPしたいと思います!

 

最新情報をチェックしよう!