優の夏期講習会 中3

NO IMAGE

夏期講習会概要 中3 受験生は勉強部への入部

昨年度も、テストで5科目合計150点UP,200点UPした生徒が毎年何人もいます!

「夏を制する者は受験を制する!!」と云われています。

これまでの夏期講習会では、
毎年、150点UP、200点UPする生徒が続出しています。
もともと400点以上の生徒は、500点満点ですので、当然上がり幅は小さいですが、
夏休み明けに実力テストで498点(1問ミス)だった生徒もいます。
なぜそんなに成績が上がるのでしょうか。

その意味を考えてみましょう。
まず第一に、夏休みは受験生にとって残された6、7ヶ月間の間で、自分の自由になる時間が最も多い時期であるということです。勉強時間だけをとってみても、通常、学校へ通っている時の2~3倍の時間を持つことになります。

つまり、40時間といっても実質的に通常の3~4カ月分に相当するわけですから、1学期とほぼ変わらない量なのです。したがって、夏休みと云うよりも、むしろ”夏学期”といえるでしょう。

次に時期的にみると、7月まで入試に必要な基本事項が一段落しており、それを足固めにする時期にあるということです。入試を控えた学年では、どうしてもた学年より早い時期に一通り終了する必要があります。だからこそ、ここでしっかり足固めすることが先に進むために必要になってくるのです。

これまで奨学塾優では、部活動も勉強も熱心に取り組んでもらいたいため、中3生が部活動を引退するまでは、部活動のことを中心に考え、行事を組んできました。
例えば、英検・漢検は、夕方以降の時間帯。
模試(滋賀県立高校対策模試)は、5週目の授業時間や、土日の午前・午後・平日の補習日などから選択。

しかし、前述したように8月は夏学期というわけですから、ここからは受験勉強に真剣に取り組まなければなりませんので、中学校の部活動引退後は、奨学塾優勉強部に所属するということになります。

大切な受験、だからこそ、一日一日を大切にし、慌てすぎることなく、これまでの履修内容を完璧におさらいし、受験に向けて頑張ってもらいたいと思います。講義を受けて、基本問題から入試レベルまでの問題演習をこなし、学力を高めます。
滋賀県内でも講義形式+演習授業で考えると、県内でもトップクラスの講習会となります。
なんとなく解き、分かったつもりにならないよう、徹底的に理解を求めます。
それが、9月以降の実力テストの結果に反映され、志望校に合格することにつながります。
この夏休みで、これまで学習した中学1年生から中学3年生の1学期までの内容(中学校によっては9月までの内容)を2度繰り返し復習します。2回もと思うかもしれませんが、前半は基礎から標準レベルを学習します。(簡単な問題と思うなら満点を狙うべき。)後半は、前半で習った内容のレベルを上げて学習します。そのため、2学期開始後すぐに、塾生たちから喜びの声が聞こえてきます。それは、中間考査・期末考査で似たような点数だった中学校での友達よりも、実力テストで30点、40点以上上回るからです。内申点ももちろん大切ですが、入試当日の目安となる実力テストも大切です。その大切なテストでしっかり結果を残せるのは、夏学期前半で基礎力を確実に身につけ、後半で応用力を身につけるのですから、当然ですよね。

【日程】
【基礎から徹底コース】 7月30日(金)~8月24日(火)

  中1の1学期の内容から全て説明し、演習を行うので、確実に理解できます。

  総授業時間8100分+授業後の宿題のフォローや補習など。

  毎日90分授業5科目 9:00~18:00が18日間 +α

  授業後の宿題のフォローや補習など。

【5科目受講料】

105,000円

【テキスト代】  15,000円  

※夏期講習会後の入塾の場合は、17,600円分の入学金が割引

【志望校判定その1】志望校総合判定模試     3,500円(税込)(希望者)

【志望校判定その2】滋賀県立高校型判定模試      4,500円(税込)(希望者)

 授業時間は、9:00~18:00以外に、学校・地域行事により変更となる場合ががあります。

 夏期講習期間中は、通常授業はありません。
 すべて夏期講習会となりますので、上記受講料以外に追加の月謝や受講料は発生しません。